2020.3.31(火)

「‘Home’ in Tokyoー確かさと不確かさの間で生き抜く」成果物が完成!

1/1

「スタディ3|‘Home’ in Tokyoー確かさと不確かさの間で生き抜く」では、さまざまな環境や条件の中、自分の‘Home’と感じられる工夫をして生き抜く人びとの日々の実践に着目し、自分や他者にとっての‘Home’のありようを理解するための態度や方法を学び、映像作品(プロトタイプ)をつくりました。
スタディ3の歩みの記録と各作品の内容をまとめた成果物が完成! 参加者それぞれが‘Home’についてどのように向き合い、思考し、調査協力者との関係を築いていったのか、ぜひご覧ください。

[構成]
イントロダクション
目次
‘Home’が揺らぐとき|大橋香奈
ナビゲーター、マネージャー紹介
ゲスト講師
参加メンバー紹介
活動日記
作品ノート
参考資料
マネージャーメッセージ|上地里佳
編集後記|ジョイス・ラム

ナビゲーター|大橋香奈
スタディマネージャー|上地里佳(アーツカウンシル東京)
編集|ジョイス・ラム
デザイン|丸山晶崇
執筆|染谷めい(PP.16 – 27、30 – 39)、廣瀬花衣(PP.28 – 29)
テキスト構成|森部綾子(PP.16 – 27)、染谷めい(PP.28 – 29)

>成果物についてはこちら