東京プロジェクト
スタディとは?

Tokyo Art Research Lab「思考と技術と対話の学校」で展開する、
アートプロジェクトの核をつくるための実践です。

“東京で何かを「つくる」としたら”という投げかけのもと、
「ナビゲーター」と、公募で集まった「メンバー」がチームとなり、
スタディ(勉強、調査、研究、試作)を重ねます。

2020年度は、アーティストやディレクター、デザイナーなど、
関心や属性の異なる3組の「つくり手」がナビゲーターを担当。
演劇、美術、パフォーマンス、写真、映像など、
表現方法や「つくる」過程もさまざまです。
それぞれのスタディには、アーツカウンシル東京のプログラムオフィサーが伴走し、
学びのサポートをしていきます。

このウェブサイトは、3つのスタディがどのように
「何かをつくる手前の時間」を過ごしたのかを記録するものです。
何を、誰と、どのように向き合ったのか。
スタディの活動と、同時期に並走するナビゲーターたちの創作活動に目を向けます。

そのプロセスや、そこで生まれたことばや手法を蓄積する素材庫は、
いつかの誰かの「つくる」ヒントになるかもしれません。

わからなさ、複雑さ、そしてときに遠回りすることを大事にしながら
予定調和に陥らない「つくる時間」に身を置く実験を、
ぜひ追体験してみてください。


Tokyo Art Research Lab (TARL)

アートプロジェクトを実践する人々にひらかれ、共につくりあげる学びのプログラムです。
人材の育成、現場の課題に応じたスキルの開発、資料の提供やアーカイブなどを通じ、
社会におけるアートプロジェクトの可能性を広げることを目指しています。
https://tarl.jp

「東京プロジェクトスタディ」ウェブチーム

ウェブディレクション:萩原俊矢
ウェブサイトデザイン:井山桂一(GRANDBASE inc.)
プログラミング:萩原俊矢、多田ひと美(GRANDBASE inc.)

編集方針設計:川村庸子、高橋創一
全体設計:坂本有理(アーツカウンシル東京)
企画:上地里佳、岡野恵未子(アーツカウンシル東京)

イメージビジュアル:加藤亮介

2020

共在する身体と思考を巡って

東京で他者と出会うために

誰かと何かをはじめようとするとき、考えや視点の違いを理解しながら、
互いのイメージを擦り合わせ、どうやって共につくっていこうかと議論を重ねる。
文化的にも社会的にも、そして身体的にも異なる経験を持つ者同士が、
お互いの差異と経験を想像しながらコミュニケーションをはかること。
日々、アートプロジェクトの現場で起こっている光景です。
そして、そのコミュニケーションの密度や共に経験した時間が、
プロジェクトをより豊かなものにすると言っても過言ではありません。
コミュニケーションとは、“ことば”に限ったものではなく、
むしろ、表情やしぐさ、声色、動き、間など身体を用いた非言語の領域が、
日々のコミュニケーションに大きな影響を与え、補い、支えているのではないでしょうか。

いま、思い立って誰かに会いに行く。
互いに目を見合い、相手の息づかいを感じ、何気ないしぐさを眺めながら話をする。
そんな当たり前のことが気軽にできなくなって久しい状況のなかで、
改めて「コミュニケーション」や「身体性」について考えていく必要があるのではないか。

本スタディでは、写真家、ダンサー、インタープリター(通訳者・解釈者)とともに、身体性の異なる人々の世界に触れながら、
“ことば”による表現だけではないコミュニケーションの在り方を探り、
その可能性について考えていきます。

ナビゲーターメッセージはこちら

2020.8

8.21(金)

第0回

【スタディ1】ナビゲーター/スタディマネージャーからのメッセージ

1/2

「スタディ1|共在する身体と思考を巡って」では、ナビゲーターを加藤甫さん、南雲麻衣さん、和田夏実さんの3人が、スタディマネージャーを嘉原妙が務めます。 このスタディでは、写真家、ダンサー、インタープリター(通訳者・解釈者)とともに、身体性の異なる人々の世界に触れながら、“ことば”による表現だけではないコミュニケーションの在り方を探り、その可能性について考えていきます。 活動をスタートしていくにあたって、それぞれからのメッセージを掲載。ぜひご覧ください。

詳しくみる

随時更新!

トーキョー・スカルプチャー
・プロジェクト

2027年ミュンスターへの旅

いま、私たちは否応なくふるまいを変えざるを得ません。行動や価値観、感覚の変化をひしと実感する。
それは他者や社会に対してどうふるまうか、どう接するか、どう居るか、
という私たちの日々の「パフォーマンス」の強制的な変化とも言えるかもしれません。
そんな状況のなかで、「東京」で何かを「つくる」ということは、いままで以上に難しい問いになりました。

このスタディは、10年に一度の「ミュンスター・スカルプチャー・プロジェクト」という芸術祭の経験からスタートしました。
街(生活の場)に作品が置かれていますが、10年という時間軸で俯瞰すると、
スカルプチャーという概念が音の作品やパフォーマンス、アートプロジェクトに近いものにまで拡張され、
時代とともに作品の在り方も変化しています。

おそらく「パフォーマンス」も、その概念が拡張したり収縮したり変容していくはずです。
そこには必ずしも悲観的なことだけでなく、何かをつくるうえでのヒントや面白味があるのではないでしょうか。

スタディ2では実際に手や頭や身体を動かして作品を「つくる」ことをナビゲーターやゲストと一緒にやってみます。
「パフォーマンス」という視点を持ちながら、小さい何かをかたちにすることから始めましょう。

ナビゲーターメッセージはこちら

2020.8

8.21(金)

第0回

【スタディ2】ナビゲーター/スタディマネージャーからのメッセージ

1/2

スタディ2「トーキョー・スカルプチャー・プロジェクト―2027年ミュンスターへの旅」では、ナビゲーターを居間 theaterと佐藤慎也さん、スタディマネージャーを大内伸輔と村上愛佳が務めます。このスタディでは、「パフォーマンス」という視点を持ちながら、実際に手や頭や身体を動かして作品を「つくる」実践を重ねます。 活動をスタートしていくにあたって、それぞれからのメッセージを掲載。ぜひご覧ください。

詳しくみる

随時更新!

Cross Way Tokyo

自己変容を通して、
背景が異なる他者と関わる

自分とは異なるルーツを持つ人とコミュニケーションをとろうとするとき、何かしらのハードルを感じる人は多いのではないでしょうか。
『移民』や『難民』ということばや、海外にルーツを持つ人々に関連したニュースが増えている昨今、
「多様性を尊重したい」と感じているものの、積極的に関わるきっかけを持てなかったり、
実際にその立場になると尻込みしてしまったり。

さまざまな背景を持つ人々が暮らす都市・東京では、
誰しもが日々のなかで自分とは異なるルーツを持つ人々とすれ違っているはずです。
もしそうした人々と関わりを持ちたいと思ったとき、どのように関係性を築いていくことができるでしょうか。
専門的な技術やイベントを介した出会い方だけではなく、
それぞれの日常の延長線上で実践できることはないのでしょうか。

このスタディは、背景の異なる他者と関わろうとするときに自身のなかでハードルとなっている要素とは何か、
思考をほぐすことからはじめます。
時には文章を書いたり、身近なまちを見つめ直してみたり、インプットとアウトプットを重ねながら、
自身のなかにあるハードルを越えていくための「態度と実践方法」をまとめたメディアを立ち上げることを通して、
自身の思考を更新していくことを試みます。

ナビゲーターメッセージはこちら

2020.8

8.21(金)

第0回

【スタディ3】ナビゲーター/スタディマネージャーからのメッセージ

1/2

「スタディ3|Cross Way Tokyo」では、ナビゲーターを阿部航太さん、スタディマネージャーを上地里佳が務めます。 このスタディでは、背景の異なる他者と関わろうとするときに自身のなかでハードルとなっている要素とは何かを探り、ハードルを越えていくための「態度と実践方法」をまとめたメディアを立ち上げ、自身の思考を更新していくことを試みます。 活動をスタートしていくにあたって、それぞれからのメッセージを掲載。ぜひご覧ください。

詳しくみる

随時更新!

“東京で何かを「つくる」としたら”という投げかけに対して行われた、
さまざまなスタディ(勉強、調査、研究、試作)の記録です

読み込み中...